引越しの挨拶

「引越しそば」という言葉を聞いたことがありませんか?
引越しそばとは、引越しをした人が
近所付き合いのご挨拶としてふるまうのがそばで、
江戸時代から始まった風習なんです。

いまでは「引越しそば」はありませんが、
ちょっとした物を持って引越しの挨拶はされているようです。
しかし最近では引越しの挨拶もしないと言う方も増えているようです。
一般的には一軒家の場合には向かいの三軒と両隣、
マンションやアパートは両隣と上下、
管理人さんには引越しの挨拶は済ませておきましょう。
挨拶をする側もされる側も「どんな人かな?」と気になるものです。
ちょっと挨拶をしておくだけでお互い安心するのでは?
引越しの挨拶は引越しの当日、または翌日までには済ませておきましょう。

また一軒家の場合などは町内会などがあり、
様々な情報を得ることができるので必要ではないでしょうか。
引越しの挨拶のときは手ぶらではなく、
挨拶代わりの品物(500円~1000円)
タオルやクッキーなどのしを付けておくといいですよ。
引越しの挨拶は近所付き合いをスムーズにするためには必要なことです。

面倒だと思っても引越しの挨拶を1度しておくことで
新しい生活が始まると思って済ませてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ