冷蔵庫の引越し

冷蔵庫の引越しはいくつか注意する点があります。
冷蔵庫は食材など引越し間際まで使わなければいけない電化製品ですから、
計画的な買い物と食材を使うことが大切です。
また冷蔵庫の中身が無くなったからと言って電源を切ればOKではあrません。
電源を切って冷凍庫の霜も溶かし、水を抜いておかないと大変なことになりますから、
引越しの1週間前ぐらいから計画を経てておきましょう。
冷凍庫や冷蔵庫にある食材は出来るだけ料理して使い切るようにしましょう。
引越し前日にはクラーボックスなど持ち運べる程度にはしておきたいですね。

遠距離の引越しの場合は常温で運べるもの以外は使い切っておきたいものです。
残ってしまった場合には最悪、処分することも考えておきましょう。
引越し前日の夕飯などは手作りはせず、
食べにいくかお弁当などを買うといいでしょう。
夕方には冷蔵庫の電源を抜いて霜も溶かし、
水を取り除く準備をしておきましょう。

引越し当日にはシッカリ水を流し、冷蔵庫を吹き上げておきましょう。
引越しの時に冷蔵庫の水がこぼれ、
他の道具が塗れたというトラブルもありますからね。
冷蔵庫の運搬等は引越業者に頼んでいる場合は問題ありません。
もし自分や友達で引越しする場合には横にせず、立てて運んでください。
引越し先では冷蔵庫にすぐ電源を入れたいかもしれませんが、
少し待って電源をいれましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ